国際

国際法廷でスー・チー氏棄却要求 - ロヒンギャ迫害訴訟

 12日、オランダ・ハーグの国際司法裁判所を出るミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相(ロイター=共同) 拡大

 【ヤンゴン共同】ミャンマー国軍などによるイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害はジェノサイド(民族大量虐殺)条約違反だとして、迫害停止の仮処分などを求めた訴訟の3日目の審理が12日、国際司法裁判所(ICJ、オランダ・ハーグ)で行われた。ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相は棄却を要求し、審理が終了した。

 イスラム協力機構(OIC)を代表して提訴した西アフリカのガンビアに続き、ミャンマーが弁論を実施。スー・チー氏は「ミャンマーには独自の軍事裁判制度がある」と述べ、自国の裁判を優先すべきだとして「ICJのリストから今回の訴訟を外すよう」訴えた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「みやびの色と意匠」展の招待券

「狩衣 紫地鶯丸文様」江戸時代(19世紀)
提供元:奈良県立美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介