主要

景況感4四半期連続悪化でゼロに - 12月の日銀短観、消費増税響く

 日銀本店 拡大

 日銀が13日発表した12月の企業短期経済観測調査(短観)は、大企業製造業の景況感を示す業況判断指数(DI)が前回の9月調査から5ポイント下落の0となり、4四半期連続で悪化した。10月からの消費税増税で個人消費に陰りが出ていることが響き、マイナス8だった2013年3月調査以来、6年9カ月ぶりの低水準になった。3カ月後の景況感は、米国と中国の貿易協議への進展期待と先行き不安が交錯し、横ばいの0を見込んだ。

 DIは業況が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた割合を差し引いた数値。調査は11月13日から12月12日まで全国9681社を対象に実施した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「みやびの色と意匠」展の招待券

「狩衣 紫地鶯丸文様」江戸時代(19世紀)
提供元:奈良県立美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介