主要

介護負担拡大先送り - 高齢者への影響に配慮

 政府が検討してきた介護保険制度改正案の大枠が12日固まった。介護サービス利用者の自己負担(1~3割)に関し、2割の対象者拡大を先送りする。膨張する介護費の抑制に向け、対象者拡大の是非が焦点となっていた。「生活に深刻な影響を与える」と訴える高齢者らに配慮した。

 自己負担の割合は2000年に制度が始まってから所得水準に関係なく1割が続いた。15年8月から年収280万円以上(単身で年金収入だけの場合)の人は2割とし、このうち現役並みに所得が高い人は18年8月から3割になった。だが2~3割負担の対象者は限られ、1割負担が利用者の90%超を占めている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

大和郡山盆梅展の招待券

過去の大和郡山盆梅展の会場風景
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介