国際

イーストウッド監督作品で論議 - 米報道被害描き地元紙反発

 米ロサンゼルスで行われた映画祭に出席する映画「リチャード・ジュエル」のクリント・イーストウッド監督=11月(AP=共同) 拡大

 【ロサンゼルス共同】1996年のアトランタ五輪開催中に起きたテロ事件の報道被害を取り上げた、米映画界の巨匠クリント・イーストウッド監督(89)の最新作を巡り、記者の描き方に問題があるとして当時事件を報じた地元紙が11日までに映画会社などに抗議した。13日の全米公開を前に注目が集まっている。

 映画は「リチャード・ジュエル」(日本公開は来年1月17日)。テロの被害を最小限に抑えた英雄として持ち上げられた警備員ジュエル氏が数日後、地元紙報道で容疑者とされ、疑いを晴らすまでの実話を基にしている。米国での報道被害の象徴的存在とされる。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

近代女流美人画家3人展の招待券

島成園「美人」
提供元:小林美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介