主要

内服放射線治療、130人断る - 全国46医療機関、学会調査

 アイソトープ治療を断った理由 拡大

 放射性物質を組み込んだ医薬品を服用し、がん細胞を体の内部から放射線で攻撃する「アイソトープ治療」を巡り、過去5年間に全国46の医療機関が人工透析中や認知症などの患者計130人の治療を断っていたことが日本核医学会のアンケートで12日、分かった。放射性医薬品による透析装置の汚染や、介護者が被ばくする恐れなどがあり、治療が難しいことが理由とみられる。同学会によると、治療を断っている実態が判明したのは初。

 高齢化が進む日本では、透析や認知症の増加が予想され、アイソトープ治療の開始が大幅に遅れると病状が悪化する恐れがある。同学会は対応策の取りまとめを検討している。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カスタムカーイベントの招待券

昨年の「大阪オートメッセ2019」の会場風景
提供元:オートメッセ事務局
当選者数:10組20人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介