国際

北朝鮮エンジン燃焼実験、成功か - 米研究所分析

 12月8日に撮影された北朝鮮・東倉里の「西海衛星発射場」の衛星写真。(1)排気口(2)焼失した植物(3)資材などがあった場所(4)コンテナがあった場所(5)荷台に屋根のないトラック(6)レールに取り付けられたシェルター(CSIS/Beyond Parallel/Airbus2019提供・共同) 拡大

 【ワシントン共同】米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)は11日、最新の衛星写真に基づき、北朝鮮が7日に北西部東倉里の「西海衛星発射場」でエンジン燃焼実験を実施し、成功したとの分析結果を公表した。

 大陸間弾道ミサイル(ICBM)などに使用されるエンジンの実験とみられている。CSISは8日の衛星写真では実験施設に損傷がなく、排気口周辺の植物が焼失していたことから実験が成功したとの見方を示した。

 今回の実験は商業衛星で把握が困難な時間帯に準備されており、実験の兆候が分かりづらくなっているとも指摘した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

大和郡山盆梅展の招待券

過去の大和郡山盆梅展の会場風景
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介