カルチャー

NZ航空、食べられるカップ採用 - コーヒーを試験提供、廃棄物削減

 食べられるカップでコーヒーを提供する客室乗務員(ニュージーランド航空提供・共同) 拡大
 食べられるコーヒーカップ(ニュージーランド航空提供・共同) 拡大

 【シドニー共同】ニュージーランド航空は11日までに、食べられるカップを一部の路線と空港のラウンジで試験的に採用しコーヒーの提供を始めた。廃棄物を減らす活動の一環としている。カップは小麦粉や卵などから作られバニラ風味。かりっとした焼き菓子のような食感だという。同社は「お試しいただいた客からは好評で、デザートボウルとしても使用している」とした。

 ニュージーランド航空は年間800万杯以上のコーヒーを提供しており、既にプラスチックの代わりに紙とトウモロコシでできた、堆肥の原料として活用できるカップを使っている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「ちびまる子ちゃん展」の招待券

30周年記念 限定アート(C)さくらプロダクション/日本アニメーション
提供元:美術館「えき」KYOTO
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介