国内

川重が世界初の液化水素運搬船 - 神戸で進水式、20年度に実験

 世界初となる川崎重工業の液化水素運搬船=11日午前、神戸市 拡大

 川崎重工業は11日、世界初となる液化水素運搬船の進水式を神戸工場(神戸市)で開いた。オーストラリアで製造した液化水素を日本へ輸送する2020年度の実証実験に投入する計画だ。

 運搬船は「すいそ ふろんてぃあ」と命名。全長116メートルで総トン数は約8千トン。液化水素の貯蔵タンクを今後搭載し、20年秋ごろの完成を予定する。

 液化水素はマイナス253度に冷却して体積を気体の800分の1にしたもので、気体に比べて大量の輸送が可能となる。水素は利用時に二酸化炭素(CO2)を排出せず、次世代エネルギーとして燃料電池車や家庭用燃料電池などでの普及が期待されている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ポケット付きランドセルカバー

プレゼント写真
提供元:Genoa
当選者数:写真下=2人、写真上=各1人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介