国際

アジア開銀、成長率を下方修正 - 米中摩擦の影響、香港マイナスへ

 【ヤンゴン共同】アジア開発銀行(ADB、本部マニラ)は11日、2019年版「アジア経済見通し」の修正版を発表した。米中貿易摩擦の影響でアジア・太平洋地域での経済減速が進み、地域全体の国内総生産(GDP)成長率を、19年、20年ともに9月の発表より下方修正した。政府への抗議活動が長期化する香港は、マイナス成長に転じるとした。

 修正版では、日本など一部先進国を除いたアジア・太平洋地域全体の成長率が、19年と20年はそれぞれ5・2%と予測した。9月の発表より19年で0・2ポイント、20年は0・3ポイント引き下げた。香港は抗議活動による内需の落ち込みが響いた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

演奏会「マリンバと歌の祭典」の招待券

「マリンバと歌の祭典」の出演者たち
提供元:香芝みらい創造プロジェクト、後藤ゆり子ミュージックランド
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介