スポーツ

IPC会長「W杯以上の熱狂」 - 東京パラリンピックの事務折衝

 東京パラリンピックの準備状況を確認する事務折衝であいさつするIPCのアンドルー・パーソンズ会長=11日午前、東京都中央区(代表撮影) 拡大

 2020年東京パラリンピックの準備状況を確認する国際パラリンピック委員会(IPC)と大会組織委員会の第8回事務折衝が11日、東京都内で始まり、IPCのアンドルー・パーソンズ会長は冒頭のあいさつで「ラグビーのワールドカップ(W杯)で日本国民は大いに熱狂した。来年のパラリンピックは、さらに大きなインパクトを与えられると確信している」と期待を込めた。

 事務折衝は12日まで行われ、既に東京から移転しない方針が示されているマラソンや、選手や関係者の輸送などの問題をテーマに実務者レベルで協議する。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

演奏会「マリンバと歌の祭典」の招待券

「マリンバと歌の祭典」の出演者たち
提供元:香芝みらい創造プロジェクト、後藤ゆり子ミュージックランド
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介