国際

投資家の行動指針、来春改定へ - 環境への姿勢重視を明記

 金融庁は11日、保険会社や資産運用会社といった機関投資家の行動指針「日本版スチュワードシップ・コード」の改定について話し合う有識者会合を開いた。環境や社会問題の解決、企業統治への取り組みの積極性を投資判断の基準とする「ESG投資」を重視するよう初めて明記することなどを議論。2020年春の改定を目指す。

 日本版スチュワードシップ・コードは機関投資家に対し、企業との対話を通じて中長期的視点から持続的成長を促すよう求める指針で、英国の先例を参考に14年に策定された。改定は約3年ぶりとなる。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「歌麿とその時代展」の招待券

喜多川歌麿「青楼三美人」 錦絵大判 寛政4―5年ごろ(1792―93ごろ)
提供元:パラミタミュージアム
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介