主要

米民主、大統領弾劾訴追状を公表 - 権力乱用と議会妨害

 【ワシントン共同】米下院司法委員会は10日、トランプ大統領のウクライナ疑惑を巡る弾劾訴追状(起訴状に相当)案を公表した。弾劾条項を「権力乱用」と「議会妨害」の二つに限定する内容で、11~12日に審議・採決する予定。下院多数派の野党民主党は委員会の承認を経て、クリスマス前に本会議で弾劾訴追を目指す。

 弾劾訴追されれば米史上3人目の大統領となる。トランプ氏は10日、記者団に「弱い弾劾条項だ。不正はなく、弾劾に当たることは何もしていない」と反発した。

 下院本会議で弾劾訴追された場合、年明けに上院で弾劾裁判が始まる見通し。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「美神降臨」展開催で入館招待券

絹谷幸二「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」2019年 スティロフォーム ミクストメディア
提供元:絹谷幸二 天空美術館
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介