国内

全日空、飲酒機長を解雇 - 1時間以上の遅れ出す

 全日空は10日、福岡発羽田行きで11月、乗務前の検査でアルコールが検出された男性機長を懲戒解雇処分にした。計4便に最大1時間13分の遅れが出て、約2千人に影響した。

 全日空によると、アルコール検出が判明したのは11月7日朝。機長は別のパイロットに交代した。後続の福岡発羽田行きや、羽田と那覇を往復する便に遅れが出た。

 解雇された機長は、前日の勤務終了後、福岡市内の居酒屋で酒を飲んでいた。

 全日空は今年2月にも、乗務前にアルコールが検出された神戸発羽田行きの男性副操縦士を懲戒解雇にしている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

近代女流美人画家3人展の招待券

島成園「美人」
提供元:小林美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介