国内

75歳以上医療費、経済力で負担 - 自民党が容認

 自民党の人生100年時代戦略本部で発言する岸田政調会長=10日午後、東京・永田町の党本部 拡大

 自民党は10日、人生100年時代戦略本部を開き、政府が中旬に取りまとめる全世代型社会保障検討会議の中間報告で焦点となっている医療制度改革を巡り議論した。75歳以上の後期高齢者が現在、医療機関の窓口で払うのは原則1割となっているが、経済力に応じた負担を容認することで一致した。政府は2割へ引き上げる方針で、政府・与党で具体的な制度の在り方を調整する。

 一方、外来受診した際に患者の年齢に関係なく、窓口負担に一定額を上乗せする「受診時定額負担」には、反対する意見が相次いだ。

 自民党はこの日の議論を踏まえ、来週にも医療や年金、雇用制度改革についての提言をまとめる。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「みやびの色と意匠」展の招待券

「狩衣 紫地鶯丸文様」江戸時代(19世紀)
提供元:奈良県立美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介