国内

元茨城PR大使に賠償命令 - 金銭トラブル、県が解任

 茨城県の食品加工会社「小野瀬水産」が、商品のパッケージデザインを委託したのに実現しなかったとして、県の魅力をPRする「いばらき大使」を務めていた元フードアナリスト藤原浩氏に損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は10日、約114万円の支払いを命じた。

 茨城県は、藤原氏が複数の業者と金銭を巡るトラブルになっていることが分かったとして、14年4月から委嘱していた「大使」を今月3日付で解任した。

 判決によると、小野瀬水産はスイートポテトの商品を開発し、17年に藤原氏にデザインの作成を委託。200万円を支払ったが、納品期限を過ぎてもデザインは提出されなかった。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「歌麿とその時代展」の招待券

喜多川歌麿「青楼三美人」 錦絵大判 寛政4―5年ごろ(1792―93ごろ)
提供元:パラミタミュージアム
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介