国内

三菱重工、マカオに全自動新交通 - 運行開始、海外で14路線に

 三菱重工業は10日、マカオ政府から受注していた次世代型路面電車(LRT)の建設工事の一部が完成し、営業運転を開始したと発表した。日本の新交通システム「ゆりかもめ」と同じく全自動無人運転で運行される。グループが手掛けたシステムは海外で14路線目。

 営業運転が始まったのは、マカオ・タイパ島にある国際空港やフェリーターミナルと、カジノ施設などがあるリゾートホテル群などを結ぶ9・3キロ。

 LRT事業は子会社の三菱重工エンジニアリング(横浜市)が担い、2011年に全長21キロの路線建設を46億8800万パタカ(約630億円)で受注していた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ポケット付きランドセルカバー

プレゼント写真
提供元:Genoa
当選者数:写真下=2人、写真上=各1人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介