国際

中村さん襲撃犯、事前に尾行か - 移動ルート把握し周到に段取り

 【カブール共同】アフガニスタン東部ナンガルハル州で福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師中村哲さん(73)が殺害された事件で、中村さんの移動ルートを把握するため、襲撃犯が事前に尾行していた可能性が高いことが10日、内務省への取材で分かった。周到に段取りを決め、犯行に及んだとみている。

 内務省によると、襲撃犯は7、8人で、現場で待ち伏せていた。中村さんの車が通過する瞬間に車をぶつけて停車させ、一斉に銃撃を開始。いったん発砲を止めたが、助手席にいた中村さんが起き上がろうとしたため、銃撃を再開した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

近代女流美人画家3人展の招待券

島成園「美人」
提供元:小林美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介