カルチャー

子年の花絵をハボタンで、大阪 - 1万5千株、富田林の農業公園

 農業公園サバーファームにお目見えした来年の干支にちなんだネズミの花絵=3日、大阪府富田林市 拡大

 来年の干支の「子」にちなみ、巨大なネズミの花絵が大阪府富田林市の農業公園サバーファームにお目見えした。白と赤のハボタン約1万5千株を並べ、かわいらしいネズミの絵のほか、「2020」「子」「サバーファーム」の文字が描かれている。

 斜面を利用し、縦30メートル、横20メートル。2001年から始まり、花絵を年賀状に使いたい人からの問い合わせも来ている。来年2月ごろまで楽しめる。

 図案を考えたサバーファーム職員の谷川昌央さん(46)は「子どもたちに喜んでもらえる図案にした」。制作した同僚の岡田寛之さん(43)は「ネズミのひげと歯の部分に苦労した」と話した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カラヴァッジョ展の招待券

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「法悦のマグダラのマリア」1606年 個人蔵
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介