国内

東証、午前終値は2万3328円 - 米景気懸念で反落

 3日午前の東京株式市場は米景気減速への懸念が高まり、日経平均株価(225種)は大幅に反落した。前日の米国株が下落した流れを引き継いで売り注文が先行し、下げ幅は一時300円を超えた。

 午前終値は前日終値比201円23銭安の2万3328円27銭。東証株価指数(TOPIX)は12・27ポイント安の1702・22。

 2日のニューヨーク市場のダウ工業株30種平均は、製造業関連の米経済指標が悪化したことなどから続落した。円相場の円高ドル安進行も投資家心理を冷やし、東京市場は取引開始直後から幅広い業種で売りが出た。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カラヴァッジョ展の招待券

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「法悦のマグダラのマリア」1606年 個人蔵
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介