カルチャー

「富岳」計算機が神戸・理研到着 - 新スパコン、400台のうち6台

 理化学研究所計算科学研究センターに搬入される「富岳」を構成する計算機=3日午前、神戸市 拡大

 神戸市の理化学研究所計算科学研究センターで2021年ごろの運用開始を予定する新たなスーパーコンピューター「富岳」を構成する計算機約400台のうち、初めて製造された6台が3日、石川県かほく市にある製造元の富士通子会社の富士通ITプロダクツから同センターに到着した。

 理研によると、来年6月までに全台を設置し、その他の機器を含め10月までに搬入を終える計画。

 富岳は富士山の別名で、今年10月に撤去が完了した同センターのスパコン「京」の後継機。理研と富士通が共同で開発を進め、毎秒1京510兆回の計算能力を持つ京の100倍の速度を目指す。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カラヴァッジョ展の招待券

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「法悦のマグダラのマリア」1606年 個人蔵
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介