主要

米、仏IT課税に対抗 - 報復関税、チーズや化粧品に

 米アマゾン・コム、アップル、フェイスブック、グーグル各社のロゴマーク(ロイター=共同) 拡大
 ライトハイザー米通商代表(UPI=共同) 拡大

 【ワシントン共同】米通商代表部(USTR)は2日、フランスからのチーズや化粧品などの輸入品24億ドル(約2600億円)分に報復関税を検討すると発表した。米IT大手を標的にフランスが先行導入した「デジタル課税」への対抗措置。デジタル課税はイタリアなども導入する方針で、米国と欧州の貿易摩擦がさらに激化しそうだ。

 USTRは「GAFA」と呼ばれるグーグルやアップル、フェイスブック、アマゾン・コムを例に挙げ、「フランスが米企業を差別しているとの結論に達した」と表明。ライトハイザー代表は声明で「デジタル課税に対し、米国が行動を取るという警告だ」と強調した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カラヴァッジョ展の招待券

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「法悦のマグダラのマリア」1606年 個人蔵
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介