主要

原油減産日量160万バレルも - 価格下支え狙い拡大協議

 イラク北部キルクークの油田施設 拡大

 【ロンドン共同】サウジアラビアなど石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアをはじめとした非加盟国による原油協調減産を巡り、現行より規模を拡大し日量計160万バレル程度とする案が浮上していることが2日明らかになった。ロイター通信が報じた。原油価格の下支えを狙う。

 国営石油会社サウジアラムコの新規株式公開(IPO)を控え、サウジ政府が市場に驚きを与えようとしているとの見方も広がっている。産油国は5~6日にウィーンで会合を開き、今後の方針を決定する。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カラヴァッジョ展の招待券

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「法悦のマグダラのマリア」1606年 個人蔵
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介