国際

米上院も香港人権法案可決 - 中国反発、署名が焦点

 【ワシントン共同】米上院は19日、中国が香港に高度の自治を保障する「一国二制度」を守っているかどうか米政府に毎年検証を求める「香港人権・民主主義法案」を全会一致で可決した。香港で激化するデモに強硬姿勢を示す中国への圧力となり、反発は必至。下院も10月に同様の法案を可決しており、両院の法案調整後、トランプ大統領が署名すれば成立する。

 トランプ氏は、法案を対中貿易協議のカードとして利用するとの見方が強い。ただ、中国側は法案に対しては報復措置を取るとの立場を示している。トランプ氏は協議の進展状況を見極めて、署名するかどうかの最終判断を下すとみられる。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カラヴァッジョ展の招待券

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「法悦のマグダラのマリア」1606年 個人蔵
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介