国際

米、イランの軍拡に警鐘 - 国連武器制裁、来年解除

 【ワシントン共同】米国防総省傘下の国防情報局(DIA)は19日、イランの軍事力に関する報告書を公表し、国連安全保障理事会による武器禁輸制裁が来年10月に期限切れとなって解除されれば、イランが弾道ミサイル開発や最新の戦闘機の取得など軍拡を進めると警鐘を鳴らした。

 イランによる武器の輸出入を禁じた安保理制裁は、2015年の核合意で5年後に解除されることが決まった。米国は禁輸継続が必要との立場を取っている。

 報告書は、禁輸が解除されれば、イランはより精度や威力を高めた弾道ミサイルを配備し、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の製造を目指すだろうと分析した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カラヴァッジョ展の招待券

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「法悦のマグダラのマリア」1606年 個人蔵
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介