国際

NY株反落、102ドル安 - 米個人消費を懸念

 ニューヨーク証券取引所(AP=共同) 拡大

 【ニューヨーク共同】19日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反落し、前日比102・20ドル安の2万7934・02ドルで取引を終えた。米個人消費への懸念が相場の重しとなった。

 住宅用品販売のホーム・デポと百貨店のコールズが19日に業績予想を下方修正したことが嫌気された。ホーム・デポは約5%、コールズは約19%、それぞれ下落した。

 ダウ平均は取引開始直後は買いが先行。取引時間中の最高値をつけた後、利益確定売りも出た。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は20・72ポイント高の8570・66と、3営業日連続で最高値を更新した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カラヴァッジョ展の招待券

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「法悦のマグダラのマリア」1606年 個人蔵
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介