カルチャー

仕事の忘年会、軽め志向鮮明に - 「午前さま」今や死語?

 仕事絡みの忘年会はせいぜい1回までとし、2時間以内で切り上げたい―。シチズン時計(東京)が10月に実施した意識調査で、多くの社会人が付き合いの宴会にドライな感覚を持っている実態が浮かび上がった。

 調査はネットを通じ、20代以上の働く男女400人を対象に実施。ビジネス関連の忘年会で「適当」と考える回数は、1回が52・0%、0回が36・3%で、1回以下が9割近くを占めた。

 忘年会で帰りを気にする時刻を聞くと、ビジネスでは終電を過ぎる翌日午前の時間帯を答えた人は少数。シチズン時計の担当者は「『午前さま』という言葉はもはや死語かもしれない」との見方を示した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

バレーボールチームのカレンダー

プレゼント写真
提供元:日本たばこ産業
当選者数:10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介