カルチャー

日立、がん治療装置納入 - 北米初の重粒子線

 【ニューヨーク共同】日立製作所は19日、がん治療に使われる重粒子線治療システムを米大手総合病院「メイヨー・クリニック」に納入することで基本合意したと発表した。2020年3月末に正式な受注契約を結ぶ見通し。日立によると、重粒子線治療が北米で導入されるのは初めて。

 重粒子線治療は、炭素イオンをがん細胞に照射して破壊する治療法。ピンポイントで病巣に照射するため、副作用が少なく、先進国を中心に利用拡大が見込まれている。

 日立は、メイヨーが南部フロリダ州に置く病院向けに治療システムを納入する予定。受注額は明らかにしていない。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カラヴァッジョ展の招待券

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「法悦のマグダラのマリア」1606年 個人蔵
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介