カルチャー

潜伏キリシタンの聖画修復 - 「雪のサンタマリア」

 江戸幕府によるキリスト教弾圧下、長崎・外海地区の潜伏キリシタンが隠し持ち、信仰の対象にした聖画「雪のサンタマリア」が、京都で修復された。潜伏キリシタンが用いた聖画はほとんど残っておらず、貴重な作品。レプリカも作られ、来日するローマ法王フランシスコに贈られる。

 所蔵する日本二十六聖人記念館(長崎市)によると、大きさは縦約28cm、横約22cm。和紙に聖母マリアが描かれ、17世紀初頭に長崎で開かれたイエズス会の教育機関で絵を学んだ日本人による作とされる。

 潜伏キリシタンは祈りの際、聖母マリアに見立てた「マリア観音」などを用い、聖画が作られることは少なかった。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カラヴァッジョ展の招待券

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「法悦のマグダラのマリア」1606年 個人蔵
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介