スポーツ

バド、福島・広田組は2位に後退 - 世界ランキング

 10日の福州中国オープン決勝でプレーする福島(右)広田組=福州(ゲッティ=共同) 拡大

 世界バドミントン連盟(BWF)は19日、最新の世界ランキングを発表し、女子ダブルスで福島由紀、広田彩花組(アメリカンベイプ岐阜)が1位から2位に後退した。中国ペアが入れ替わってトップに立った。

 永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)は3位、高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は4位で変わらなかった。(共同)

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

バレーボールチームのカレンダー

プレゼント写真
提供元:日本たばこ産業
当選者数:10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介