主要

台風で宿泊中止45万人、観光庁 - 15・19号影響、14都県で

 台風15号で損壊した千葉県内の宿泊施設=10月31日 拡大

 台風15号、19号によるホテルや旅館の宿泊キャンセルが少なくとも14都県で計45万人に上ることが19日、観光庁の推計で分かった。施設損壊や交通網の寸断で宿泊不能となっただけでなく、風評被害もあるとみられる。被災地では12月にも、旅行代金を割り引く「ふっこう割」が開始される。観光庁はキャンセル数に応じた補助金を各都県に配り、原資にしてもらう。

 推計は台風15号の通過後から9月末まで、19号通過後から10月末までのキャンセル状況を旅行会社に尋ね、算出した。対象は災害救助法が適用された14都県390市区町村。都県別の内訳は明らかにしていない。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カラヴァッジョ展の招待券

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「法悦のマグダラのマリア」1606年 個人蔵
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介