スポーツ

高木美帆、スピードW杯へ出発 - 「常に自分の滑りを更新」

 スピードスケートW杯への出発を前に取材に応じる高木美帆=9日、成田空港 拡大

 スピードスケートの日本代表が9日、ワールドカップ(W杯)第1戦(15~17日・ミンスク)に向けて成田空港から出発し、女子1500メートル世界記録保持者の高木美帆は「常に自分のベストの滑りを更新することを意識したい」と意気込みを語った。

 今季は来年2月の世界距離別選手権(米ソルトレークシティー)が最大の目標で、シーズン後半にピークを合わせているが「質のいいレースを重ねてそこにいける。スタートはスローかもしれないけど、いいレースをしなければ」と話した。

 男子短距離のエース新浜立也は「表彰台が最低限の目標。自分の滑りをするだけ」と意欲をみなぎらせた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

映画「ワイルド・スピード」最新作の映像ソフト

プレゼント写真
提供元:ビデオの日実行委員会
当選者数:2人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介