国内

尼崎脱線、車両を研修施設で保存 - JR西方針、安全教育に活用

 尼崎JR脱線事故の現場=2005年4月、兵庫県尼崎市 拡大

 2005年4月に乗客106人が死亡した尼崎JR脱線事故で、JR西日本が事故車両について、大阪府吹田市の社員研修施設を拡張して保存する方針を固めたことが9日、分かった。事故の風化防止や社員の安全教育に活用する目的で、16、17両日に兵庫県伊丹市で開く会合で遺族らに説明する。

 事故車両は現在、大阪市や兵庫県高砂市の施設に保管されている。遺族からは、列車が衝突した同県尼崎市のマンションを含む現場一帯に整備した慰霊施設「祈りの杜」に保存する意見などが出ていた。一方で「事故を思い出す」として保存を望まない人もいる。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

映画「ワイルド・スピード」最新作の映像ソフト

プレゼント写真
提供元:ビデオの日実行委員会
当選者数:2人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介