スポーツ

体操個人総合、橋本VでW杯代表 - 2位萱も、スーパーファイナル

 初優勝し、笑顔の橋本大輝(右)と2位の萱和磨=高崎アリーナ 拡大
 鉄棒の演技を終え、ガッツポーズする橋本大輝=高崎アリーナ 拡大

 体操男子で来年の個人総合ワールドカップ(W杯)シリーズ代表選考会を兼ねたスーパーファイナルは8日、群馬県の高崎アリーナで行われ、世界選手権代表で18歳の橋本大輝(千葉・市船橋高)が初優勝し、2位の萱和磨(セントラルスポーツ)までがW杯代表に決まった。2人は全4戦のW杯シリーズに2試合ずつ出場し、結果次第で東京五輪代表に決まる可能性がある。

 昨年新設されたスーパーファイナルはNHK杯の上位選手ら12人で争われ、技の難度を示すDスコア(演技価値点)が6種目合計で35点未満だった選手が0・5点の減点を受ける特別ルールで実施した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

オリジナルメモカレンダー

プレゼント写真
提供元:LIXIL
当選者数:15人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介