カルチャー

同志社大学長に植木朝子氏 - 女性選出は初

 学長に選出された植木朝子氏(同志社大提供) 拡大

 同志社大(京都市上京区)は8日、任期満了に伴う学長選を実施し、副学長で文学部の植木朝子教授(52)を選出したと発表した。女性の選出は初めて。任期は来年4月から4年間。

 今回の選挙では植木氏ら2人が立候補し、教職員585人が投票した。大学は各候補の得票数を明らかにしていない。

 植木氏は東京都出身で、専門は日本中世文学。1990年にお茶の水女子大を卒業した後、2007年に同志社大文学部教授となり、17年4月から副学長を務めていた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

オリジナルメモカレンダー

プレゼント写真
提供元:LIXIL
当選者数:15人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介