カルチャー

宝くじ売上額3年ぶり増 - ロト人気で8千億円

 宝くじの2018年度の売上額が8046億円となり、前年度より2・3%増えたことが8日、総務省の集計で分かった。増加は3年ぶり。1等の当せん金が4億円から6億円に上がった「ロト7」などの数字選択式や、削ったその場で当せんが分かるスクラッチの人気が影響した。

 数字選択式の売上額は4・3%増の3963億円で、ロト7が1212億円を占めた。スクラッチは手軽さが若者に受け、12・4%増の516億円だった。

 5種類あるジャンボくじの売上額は1・1%減の3221億円で、3年連続で前年度を下回った。購入者は中高年が多く、ネット販売の拡大などで若者の取り込みを狙っている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

オリジナルメモカレンダー

プレゼント写真
提供元:LIXIL
当選者数:15人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介