カルチャー

クローン牛もう1頭も死ぬ - 世界初石川県で飼育、21歳

 石川県農林総合研究センター畜産試験場で、飼育されるクローン牛の「かが」(中央)=2018年6月、石川県宝達志水町 拡大

 石川県は10日、農林総合研究センター畜産試験場(同県宝達志水町)で飼育していた世界初の体細胞クローン牛「かが」が老衰のため、9日に死んだと発表した。21歳3カ月だった。昨年5月に死んだ「のと」と双子の雌で、近畿大との共同研究で1998年7月に誕生した。

 県によると、先月下旬から自立が困難になり、栄養剤や脚に抗炎症剤を点滴していたが、今月に入り自立ができなくなった。9日昼ごろに急変し、担当の獣医師が死んだのを確認したという。

 体細胞クローン牛は英国で生まれたクローン羊「ドリー」の技術を応用した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「円山応挙から近代京都画壇へ」の招待券

重要文化財「松に孔雀図」(全16面のうち4面)円山応挙 寛政7年(1795) 兵庫・大乗寺蔵 通期展示
提供元:京都国立近代美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介