国内

旭化成株、一時43円高 - リチウム電池関連株が上昇

 旭化成名誉フェローで名城大教授の吉野彰氏のノーベル化学賞受賞を好感し、10日午前の東京株式市場では吉野氏が開発したリチウムイオン電池に関連する銘柄が活況だった。旭化成は朝方に一時、前日終値比43円高の1148円まで値上がりし、約3カ月ぶりの高値を付けた。午前終値は1126円。同社は主要材料の「セパレータ」(絶縁体の膜)の生産を手掛けている。

 ほかにも、材料メーカーの田中化学研究所やデンカなど幅広い銘柄が買われた。市場では「リチウムイオン電池の成長性に改めて期待が高まった」(大手証券)との声が聞かれた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「円山応挙から近代京都画壇へ」の招待券

重要文化財「松に孔雀図」(全16面のうち4面)円山応挙 寛政7年(1795) 兵庫・大乗寺蔵 通期展示
提供元:京都国立近代美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介