スポーツ

テコンドー会長ら選び直しの動き - 一部の正会員、協会正常化目指す

 強化体制を巡って全日本テコンドー協会とトップ選手が対立している問題で、都道府県協会の代表者ら一部の正会員が協会の正常化を目指し、金原昇会長を含む全理事の選び直しをするための臨時正会員総会開催を目指していることが10日、関係者の取材で分かった。

 同協会の定款によると、総正会員の5分の1以上から理由を示した上で総会招集の要請があれば、会長は総会を開かなければならない。関係者によると、既に要請に必要な人数は集まっている。総会では理事の選任、解任を決議できる。

 8日の理事会で一部理事から提議された理事の総辞職については審議事項でないと判断され、決議されなかった。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「円山応挙から近代京都画壇へ」の招待券

重要文化財「松に孔雀図」(全16面のうち4面)円山応挙 寛政7年(1795) 兵庫・大乗寺蔵 通期展示
提供元:京都国立近代美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介