国際

日本製紙、豪州から事業買収 - 段ボール生産1200億円

 日本製紙は10日、オーストラリア製紙大手のオーロラ社から、主に段ボールを生産する事業を17億2千万豪ドル(約1240億円)で買収する契約を結んだと発表した。紙の国内需要が減少する中、成長が見込める海外事業を強化する。

 オーロラ社は主にオーストラリアやニュージーランドで事業を展開。古紙の回収から加工、販売に至る一貫した工程を持つことが強みという。両国では中国などアジア向けの農産物や肉類の輸出が増えており、今後も段ボールの需要増が見込めると判断した。

 買収は来年1月末までの完了を目指す。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「円山応挙から近代京都画壇へ」の招待券

重要文化財「松に孔雀図」(全16面のうち4面)円山応挙 寛政7年(1795) 兵庫・大乗寺蔵 通期展示
提供元:京都国立近代美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介