主要

ノーベル賞吉野氏晴れやかに出社 - 「命ある限り研究続ける」

 ノーベル化学賞の受賞決定から一夜明け、旭化成本社に出社する吉野彰名誉フェロー=10日午前、東京都千代田区 拡大

 今年のノーベル化学賞に決まった旭化成名誉フェローで名城大教授の吉野彰氏(71)は受賞の知らせから一夜明けた10日午前、共同通信の取材に応じ、97歳で現役を続ける共同受賞者グッドイナフ米テキサス大教授にならい「命ある限り研究を続ける」と決意を語った。

 前日の記者会見で科学に興味を持つきっかけになったと話した「ロウソクの科学」は増刷が決定。「(自分の)言葉の重みを感じる。本が売れて、将来の研究者が生まれるといい」と述べた。

 10日朝、東京都千代田区の旭化成に晴れやかな表情で出社した吉野氏を大勢の社員が拍手で出迎え、花束を贈呈した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「円山応挙から近代京都画壇へ」の招待券

重要文化財「松に孔雀図」(全16面のうち4面)円山応挙 寛政7年(1795) 兵庫・大乗寺蔵 通期展示
提供元:京都国立近代美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介