国内

岸田氏、次期総裁選に「立つ」 - 月刊誌で明言

 自民党の岸田文雄政調会長は10日発売の月刊誌「文芸春秋」のインタビューで、次期総裁選に立候補するかどうかを問われ「立つ。安倍晋三首相の時代が終わった後、ぜひ挑戦したい」と改めて明言した。首相からの「禅譲」を目指しているとの指摘に対しては「制度としてあり得ない」と否定した。首相との関係が重要とも述べた。

 世論調査での支持率が高くないとの問いに「国会議員として自民党一筋でやってきた」と強調。離党などを経た石破茂元幹事長らへの対抗意識をにじませた。

 岸田氏は目指すリーダー像として西郷隆盛を挙げ「存在そのものが人を引きつける姿に憧れる」と語った。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「円山応挙から近代京都画壇へ」の招待券

重要文化財「松に孔雀図」(全16面のうち4面)円山応挙 寛政7年(1795) 兵庫・大乗寺蔵 通期展示
提供元:京都国立近代美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介