カルチャー

英グラクソ胃潰瘍薬を回収 - 発がん性物質の検出報告で

 英製薬大手グラクソ・スミスクラインの日本法人は9日、胃や十二指腸の潰瘍の治療薬「ザンタック」を自主回収すると発表した。海外で発がん性物質が検出されたと報告があったためとしている。

 回収対象は「ザンタック錠」の「75」と「150」、「ザンタック注射液」の「50mg」と「100mg」の計4種類。発がん性物質の検出報告を受け、9月19日から出荷を停止している。

 同社は「患者や家族の皆さま、医療関係者の方々に多大な心配と迷惑をお掛けし、深くおわびします」とコメント。対象の薬が手元にある場合は、医師や薬剤師に相談し、返却手続きを取るよう求めている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「円山応挙から近代京都画壇へ」の招待券

重要文化財「松に孔雀図」(全16面のうち4面)円山応挙 寛政7年(1795) 兵庫・大乗寺蔵 通期展示
提供元:京都国立近代美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介