カルチャー

京都・嵐山に福田美術館開館へ - 宗達、光琳、応挙の作品

 福田美術館に展示された橋本関雪の「後醍醐帝」=30日午後、京都・嵐山 拡大

 京都・嵐山に10月1日にオープンする福田美術館(京都市右京区)で30日、内覧会が開かれ、俵屋宗達や尾形光琳、円山応挙ら、江戸時代から近代にかけての著名な画家の作品が並んだ。

 開館記念展では、約100年間未公開だった橋本関雪の「後醍醐帝」など約80点の作品を展示。同館は、京都で創業した消費者金融大手「アイフル」の福田吉孝社長が「地元に恩返ししたい」と設立した。京町家の要素も取り入れた和モダンの外観で、展示室は蔵をイメージした。

 開館記念展は来年1月13日までで休館は火曜(祝日の場合は翌日)、年末年始。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カラヴァッジョ展の招待券

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「法悦のマグダラのマリア」1606年 個人蔵
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介