カルチャー

旅券の査証ページ、追加廃止へ - 偽造に間違えられると指摘

 政府は旅券(パスポート)に関し、出入国印を押したり査証(ビザ)を貼ったりする査証欄ページを追加できる「増補」制度を廃止する方針だ。海外で偽造旅券と間違えられる可能性が指摘されていた。10月上旬召集の臨時国会に旅券法改正案を提出する。外務省が17日、明らかにした。

 査証欄は10年有効旅券に44ページ、5年有効旅券には28ページある。頻繁に出入国してページが足りなくなれば、旅券1冊につき1回、40ページの増補が2500円の手数料で認められている。

 増補廃止後の措置として、残りの有効期間だけ使える新しい旅券を発給する方式に切り替える。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「円山応挙から近代京都画壇へ」の招待券

重要文化財「松に孔雀図」(全16面のうち4面)円山応挙 寛政7年(1795) 兵庫・大乗寺蔵 通期展示
提供元:京都国立近代美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介