カルチャー

古代寺院跡に和傘の花、鳥取 - 7色の明かりで試験点灯

 国史跡・上淀廃寺跡で行われたライトアップの試験点灯で、暗闇に浮かび上がった伝統工芸「淀江傘」=17日夜、鳥取県米子市 拡大

 鳥取県米子市の国史跡・上淀廃寺跡(飛鳥時代)で17日、地元の伝統工芸「淀江傘」をライトアップする催しの試験点灯があり、芽吹き始めた朱色のヒガンバナを前に、色鮮やかな“和傘の花”が浮かび上がった。

 本点灯は21、22日で、見頃となったヒガンバナと和傘の競演が楽しめるという。

 暗闇の中、本堂の礎石上に赤や白の蛇の目傘や野だて傘が並び7色の明かりがともされると、広い丘の一角が華やかな雰囲気に包まれた。

 地域の魅力を高めようと、地元住民らでつくる団体が18日から開催する「彼岸花まつり」の一環。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「円山応挙から近代京都画壇へ」の招待券

重要文化財「松に孔雀図」(全16面のうち4面)円山応挙 寛政7年(1795) 兵庫・大乗寺蔵 通期展示
提供元:京都国立近代美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介