カルチャー

新駅建設で山手線運休 - 11月16日、JR発足後初

 山手線の運転計画 拡大

 JR東日本は17日、2020年春に開業予定の高輪ゲートウェイ駅建設に向け品川駅などで線路切り替え工事をするため、山手線大崎―東京―上野間は内回り、外回りともに11月16日始発から午後4時ごろまで運休すると発表した。同日午後6時ごろには通常ダイヤに戻る予定。工事が大規模で、夜間だけでは間に合わないと判断した。1987年のJR発足以降、山手線の運休を伴う工事は初めて。

 同日は土曜で、反対側の大崎―新宿―上野間は午後6時ごろまで運転本数を通常の7割程度に減らす。運休区間も再開から午後6時ごろまで7割程度の本数となる。工事ができない場合は12月に延期する。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

特別展「交流の軌跡」の招待券

重要文化財「レパント戦闘図・世界地図屏風(右隻)」江戸時代 17世紀 香雪美術館(通期展示) 
提供元:中之島香雪美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介