国際

中国の影響力「米上回る」と予想 - 20年後、23カ国で世論調査

 【ロンドン共同】英ケンブリッジ大などが米国と中国の政治的影響力について日本を含む23カ国で2~3月に世論調査を行ったところ、「米国がより強力なのが望ましい」ものの、20年後は「中国が米国を上回る」と予想する声が大半の国で優勢を占めた。

 「米国の力が中国より強い方が望ましい」との回答は、中東3カ国と中国を除く19カ国で多数派となった。米国を選ぶ割合が特に高かったのが、ナイジェリア(73%)や日本(72%)だった。

 「米中に欧州連合(EU)を加えた3者のうち、今後20年の国際政治で最も力を持つのは」との設問では、計18カ国で中国が首位になった。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

書籍「倭国古伝」

プレゼント写真
提供元:古田史学の会
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介