カルチャー

米、風味付き電子たばこ規制へ - 未成年の健康被害懸念

 米ニューヨーク・マンハッタンの店舗に並ぶ電子たばこ関連商品=10日(ロイター=共同) 拡大

 【ワシントン共同】トランプ米政権は11日、ミントやフルーツなど、たばこ以外の香りや味の付いた電子たばこの販売を規制する方針を発表した。米国では未成年の間で流行し、ニコチン中毒などの健康被害が強く懸念されている。

 食品医薬品局(FDA)が数週間以内にガイドラインをまとめた後に、規制を始める方針。

 トランプ大統領は11日、記者団に「米国にとって新しい問題だ。親もあまり知らない。何らかの対応をしなければならない」と強調した。

 米国の電子たばこは、日本で市販されるニコチンを含まないものとは異なり、主にニコチンを含む液体を加熱して蒸気を吸う仕組み。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

書籍「倭国古伝」

プレゼント写真
提供元:古田史学の会
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介