国際

ボルトン氏は「大惨事」と批判 - 対北朝鮮でトランプ氏

 11日、米ホワイトハウスでボルトン氏解任などについて話すトランプ大統領(UPI=共同) 拡大

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は11日、国家安全保障問題担当の大統領補佐官から解任したボルトン氏に対する不満の一つとして、圧力で北朝鮮に核放棄を先行させる「リビア方式」の適用を主張したことによって北朝鮮の反発を招いたことを挙げ、北朝鮮政策における「大惨事」となったと強く批判した。ホワイトハウスで記者団に語った。

 ボルトン氏は2018年4月、北朝鮮の非核化に向けてリビア方式の重要性に言及した。リビアは核放棄後、最終的に最高指導者だったカダフィ大佐が殺害されており、北朝鮮は警戒感をあらわにした。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

書籍「倭国古伝」

プレゼント写真
提供元:古田史学の会
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介