国際

米、会談へ制裁緩和協議か - イランは解除必要と主張

 11日、米ホワイトハウスの執務室で発言するトランプ大統領(ゲッティ=共同) 拡大

 【ワシントン、テヘラン共同】米ブルームバーグ通信は11日、トランプ大統領が今月の国連総会に合わせたイランのロウハニ大統領との会談実現に向け、対イラン制裁の緩和を政権内で協議したと報じた。米イラン対話の仲介役を担うフランスのマクロン大統領とロウハニ師の会談にトランプ氏が参加する案も出たという。

 一方、イラン大統領府によるとロウハニ師は11日、マクロン氏と電話会談し「制裁を科されたまま交渉するのは無意味だ」と述べ、米国との対話に応じるには制裁解除が必要だとの考えを改めて示した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

書籍「倭国古伝」

プレゼント写真
提供元:古田史学の会
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介